見習うべき姿勢

見習うべき姿勢

七月に入り、商店街では七夕飾りで彩られました。
そんな中、日本中の注目が将棋界に集まっています。

竜王戦決勝トーナメント2回戦。
最年少でプロ棋士、藤井聡太四段 対 佐々木勇気五段。
14歳でプロ棋士になるだけでも偉業なのにプロになって初対局から29連勝中の藤井四段。
長い長い対局の結果は佐々木勇気五段の勝利で終わりました。
投了する瞬間を自分もスマートフォンで見ていました。
攻められている中でも最後まであきらめない姿勢がすごいと思いました。
可能性が少しでもあれば、その可能性を信じて頑張る、そういう風に見えました。
14歳という若さで本当にすごいと思います。
長い対局や難しい局面の中でどのように集中力を高め、持続させられるのか、その精神力の強さはどこからくるのか聞いてみたいです。
プロになってまだ半年、これからの活躍が楽しみです。


天文館の七夕